SSブログ

☆夢 (灯り ちょう灯 あかり?)☆ [アート]



☆夢 (灯り ちょう灯 あかり?)☆

23日の夢は示唆ありそな気がして気になっています。

☆夢 (クロッキー蝶 ロッカー?)☆

白く水色風でもある日のさしている昼ま
少しクリーム色?
レモン色と水色っぽい光の小さな粒子舞っているる雰囲気
研究所と学校の間ふうの建物の上の方の階に
何時の間にいて前の方想い出せません。
〇△さんににた男の人薄茶色の大きなクロッ
キー蝶のようなものをみせていただけること
になったようです。
なかには人の 2人ならんだ可愛らしい線画と
か英語の文字とか文?
こげ茶色風の線でかかれていてわたしはとて
も嬉しく想っています。
ただそのうちに
これを家に持って帰ってまたここにもってき
てお返しするのは大きいものなので大変かな
ぁと想い始めます。そして〇△さんのロッカ
ーにおかせていただいてまた明日みせてもら
おうというようなこと想います。
そこで
〇△さんににた男の人とロッカーに向かいま
す。ロッカーにあるその方の場所は〇田さん
と◇田さんの2人の卒業生せっっていの人に
大きな場所をとられていてほんの少し帳面が
はいるくらいになっています。
私はそれでいいのというようなこと少し心配
になって聴くのですが
〇△さんは笑顔で微笑んでいてそれでいいみ
たいな感じでした。その方のロッカーは最上
段にあるようでした。白灰色かなぁロッカー
〇△さんは私の同級生か少し上の先輩の設定
のようで学校でたまたま一緒にいたから光の
なかほっこり一緒にかえるという雰囲気のよ
うに想えました。
わたしはそれで嬉しく少しはずむ気持ちであ
ったように想います。
ロッカーのところにいた時〇△さんぽい方右
側にいた気もします・。・
さらにどこかのシーンで
先輩というせっていらしい□ □ さんににた男
の人がたっているのみえてシルバー系よさそ
うなお高そうな雰囲気のロングコートをきて
いてなかにクリーム色〇いメガネかけていた
と想います。
こちらを気にされて少しはなれた机にもたれ
かかってみたりいたりしているという設定で
あったと想います。
☆☆☆



☆夢 (灯り ちょう灯 あかり?)☆

何時の間に△〇さんににた男の人をまじえて
何人かでお話をしながら歩いているようです
。楽しかったように想います?
△〇さんは白に黒の幾何学模様のTシャツ風
のもの着ています。
この時△〇さん左側にいたかも(;o;)右かも?
さきほどの帰り道のような感じもします。
すると
どこか高級そうな雰囲気のお店についてよう
に想います。
前の方にこい緑色の中に〇っぽいオレンジ色
風の灯りがともっているようにみえるものが
ならんでいてそれが高級感を醸しています。
なぜかその時
□ □ さんににた男の人が私の隣ふうのところ
にいらっしゃったようで
迷いなく座布団のある席にすわったようです
。和の感じのお店隣に1人分の席あります。
わたしは□ □ さんか△〇さんのお話を聴きた
いなぁと想っていてその近くにすわりたいと
想っていたように想います。
そこで人が座ってから席に付こうと想います

ところがそこに
お店の白いエプロンつけた風の女の人が不意
にきて席をかわってほしいというようなこと
で案内されます。どうも混んでいるようです。
コロナの件は夢世界では発生していない設定みたいです。
さきほどとは違って白い居酒屋さん風?こんでいる?

案内された席に向かうとそこは白い壁があっ
てすわるところによっては見えない人がある
という感じになっています。
お店の女の人が『ごめんね。お安くしとくか
らね』というようなこと言います。
□ □ さんは先ほどのように迷わずすぐに座り
ます。隣に1人分の席あります。
わたしはこれは大変だ。せめてお顔みえる位
置になりたいと想ってあわてて□ □ さんの隣
にすわります。
右側に□ □ さんがすわっています。和のすわ
りかたです。
わたしはふわっとしたロングのシフォンのよ
うかスカート花柄かなぁ淡くクリーム色か茶
系?でパステルカラー風の色合いのくつした
をはいていたと想います。
□ □ さんは白に黒の細かい柄のシャツになっ
ていました。靴下あり
こんでいるせいかお隣の方の体温ふわっと温
かく感じられたように想いました。
ほのかに微かに暖かい?

そこで△〇さんはところでどこに座られたの
ぁかなぁと想ってみると私の右手少し遠くに
笑顔で座られたようでした。
5,6人か7,8人のグループのようです。
わたしのほかは男の人だったかなぁ?・。・
△〇さんにの方は白に黒の幾何学模様のシャツ

ここからが奇妙に想えて気になるところでもあるのですが
私の前に肌ずべてに線のようなものがある大
きな茶色っぽいお肌の感じの男の人知らない
方がなぜか座ります。
その方は起きてから想うと普通の人間風の雰
囲気ではなく樹木のような肌の感じで
〇いメガネをしています。そして
『わたしは痛みをかんじません』というよう
なことを言います。そしてそれをデモンスト
レーションみせるためなのか何なのか
何かさしてたのかなぁ
『さしても寸前までわからないです』という
ようなこと言っているようです。とがった綺
麗な金属の矢のようなものを自分にさしてい
るようにみえました?(;o;)先が光沢があ
ってピンクと青と黄色に光っているような?
みないように目をおおいながらみえてしまっ
ているような感じで怖くなっています。
なぜこんな怖い方の前になってしまったのか
と想っていたように想います。
男人?茶系のジャケットと青白のシャツかなぁ
☆☆☆

夢の意味は未だわからないです。☆





ミュシャ展

ミュシャ展

  • 出版社/メーカー: 求龍堂
  • 発売日: 2017/03/10
  • メディア: 大型本



エミール・ガレ展 ―没後100年記念 フランスの至宝

エミール・ガレ展 ―没後100年記念 フランスの至宝

  • 作者: 日本経済新聞社
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2020/07/23
  • メディア: 大型本



リモージュボックス

リモージュボックス

  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2011/05/19
  • メディア: 単行本



もっと知りたいエミール・ガレ 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいエミール・ガレ 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 鈴木 潔
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2007/07/15
  • メディア: 単行本



ガレとドーム 美しき至高のガラスたち

ガレとドーム 美しき至高のガラスたち

  • 作者: imura art + books
  • 出版社/メーカー: imura art + books
  • 発売日: 2020/07/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(29)  コメント(0) 

nice! 29

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。